ひがさすとは?

多様な生き物が生息する、東よか干潟。
世界に認められたその価値と魅力を体感する施設です。
訪れた人が、様々な展示を通して東よか干潟に少しでも興味を持っていただき、
その自然環境を未来へつないでほしい。
それが「ひがさす」の想いです。

詳しくはこちら

イベント

詳しくはこちら

東よか干潟について
知りたい!

東よか干潟は佐賀県南部の有明海奥部北岸に位置し、東与賀干拓(大授地区)の南に広がる泥干潟です。
クロツラヘラサギ、ズグロカモメ、ツクシガモなどの絶滅危惧種を含む水鳥類の国内有数の渡りの中継地、越冬地となっています。
海岸堤防上にある展望台からは、シチメンソウの群生とその後方に広がる干潟が一望でき、また、海岸線沿いの遊歩道からは、引き潮時に無数のカニ類やムツゴロウ、トビハゼなどが観察できます。
2015年に(平成27年)5月に国際的に重要な湿地として、ラムサール条約湿地に登録されました。

ひがさす
キッズページ

「ひがさす」ってなんだろう?
干潟にはどんな生きものがいるの?
ぜつめつしゅってなに? どうしたら守れるの?
豊かな自然に恵まれた東よか干潟の特長や知らなかったこと
子どもたちの色んなギモンに答えます!!

くわしくはこちら 東よか干潟の3つの日本一ってなに? 干潟にはどんな生きものがいるの?

アクセス

Googleマップで見る

〒840-2222
佐賀市東与賀町大字田中2757番地4
開館時間 9:00〜17:00
休館日  月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
入館料  無料

詳しくはこちら

YouTube

Instagram

  • 33 0
  • 33 0
  • 40 0
詳しくはこちら

MENU